技術系メモ

メモ。内容は保証しません。

【matplotlib】y軸の指数表記を解除する

y軸が指数表記になってしまう際の解除法 ax.get_yaxis().get_major_formatter().set_useOffset(False)

【ajax, flask】flaskのアプリケーションでajax通信を行うサンプル

ajax通信でget送信をし、結果を受け取る簡単なサンプルコードを紹介します。 ディレクトリ構成は以下のようになってます。 (javascriptのファイルはhtmlに書いちゃってます) ├── app.py └── templates └── index.html html まずhtml側のコード。 <html> <head> <meta charset="utf-8"> <script type="text/javascript" src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js"></script>…</meta></head></html>

【matplotlib】x軸のラベルを斜めにする

まず、x軸のラベルを斜めにしたコードと、 完成したグラフが以下になります。 import matplotlib.pyplot as plt import numpy as np xs = np.arange(5) ys = [x**2 for x in xs] fig,ax = plt.subplots() ax.set_xticks(xs) # x軸のラベルを斜めにする。rota…

【matplotlib】x軸のラベルの表示間隔の変更

x軸のラベルが多すぎて、重なってしまう際の対処方法についてお話します。 元のグラフ x軸の表示する目盛りを変更したグラフ 元のグラフ まず以下のコードで、元のx軸が重なってしまっているコードを表示します。 import matplotlib.pyplot as plt xs = ["AA…

【flask, javascript】flaskからhtml, javascriptに変数を渡す

python側のコード。 単純にxという変数を渡すだけ from flask import * @app.route("/", methods=["GET", "POST"]) def index(): x = 10 return render_template("index.html",x=x) flask からhtml flaskから受け取ったxを取得する {{x}} flaskからjavascrip…

pybox2dをUbuntuにインストール

まず必要なライブラリをインストールする sudo apt-get install build-essential python-dev swig python-pygame git pybox2dをクローン git clone https://github.com/pybox2d/pybox2d cd pybox2d 最後にbuildし、インストールする python setup.py build p…

指定した確率分布に従って乱数を生成する

サンプルコード import numpy as np values = ["high", "low"] # 確率変数 p = [0.9, 0.1] # 確率分布 np.random.choice(values, p=p) # 指定した確率分布に従って乱数を生成

pandasで指数平滑移動平均

以下サンプルコード import pandas as pd data = [0,2,4,6,8,10] df = pd.DataFrame(data) ema = df.ewm(span=3).mean() # 指数平滑移動平均を求める print(ema) # => # 0 # 0 0.000000 # 1 1.333333 # 2 2.857143 # 3 4.533333 # 4 6.322581 # 5 8.190476 …

chartjs 折れ線グラフの点を消す

optionで設定できる 以下サンプル options: { elements: { point:{ radius: 0 } }

python 文字列のドット以降の削除

正規表現を用いて削除してみる 以下サンプルコード。元文字 「test.xxx」のドット以降を削除する import re st = "test.xxx" # 元の文字列 new_st = e.sub(r'\..+$', '',files[0]) # ドット以降削除 print(new_st) # 変換後の文字列の出力 # => test

ipythonで過去の入力履歴を見る

以下サンプルコード In [1]: a = 1 In [2]: print(a) # => 1 In [3]: %history # 履歴出力 # => # a = 1 # print(a) # %history

open ai gymの行動空間の最大値、最小値の取得

サンプルコード import gym env = gym.make("MountainCarContinuous-v0") # 環境の読み込み env.reset() print(env.action_space.high) # 最大値 # => [1.] print(env.action_space.low) # 最小値 # => [-1.]

【python】keys, valuesを配列に

よく忘れるので、サンプルコードを上げておきます sample_dict = {"a":1, "b":2, "c":3} print(sample_dict) # => {'a': 1, 'b': 2, 'c': 3} # keysを配列に listed_keys = list(sample_dict.keys()) print(listed_keys) # -> ['a', 'b', 'c'] # valuesを配…

Kerasのデータセットをダウンロードする時のエラー[Errno 13] Permission denied:

from keras.datasets import reuters (x_train,y_train),(x_test,y_test) = reuters.load_data(path="reuters.npz", num_words=None, skip_top=0, maxlen=None, test_split=0.2, seed=113, start_char=1, oov_char=2, index_from=3) 出力 省略 [Errno 13] Pe…

ブラウザで単語を調べるのに便利なプラグイン

ブラウザでわからない単語があった時にカーソルを合わせたり、選択するだけで、 単語の意味をポップアップで表示してくれるプラグイン。 https://chrome.google.com/webstore/detail/weblio%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E8%8B%B1…

ubuntuで次のようなエラー:locale-gen: command not found

エラー sudo: locale-gen: command not found 対処法 sudo apt-get install language-pack-ja-base language-pack-ja

【python】同じディレクトリ内で変数を共有

恐らく良い方法ではないが、一応使えるので。 同じディレクトリにvars.pyという変数のファイルを用意し、以下のように記述されてるとする var1 = "var1" 同じディレクトリにmain.pyという以下のコードを作成し、そこからvars.pyの変数を取得 import vars pri…

はてなブログのグローバルメニューサブメニューを追加する

デザイン→ヘッダ→タイトル下 変更点は sub-listが加えられているところ 以下サンプルコード <div id="global-menu"> <ul class="global-menu-list sub-list"> <li><a href='URL_main'>メイン</a> <ul class="sub-item"> <li><a href='URL_sub'>サブ1</a></li> </ul> </li> </div>

【pandas】最後の行の削除

以下サンプルコード In [10]: df = pd.DataFrame({'A': [1.0, 1.2, 4.1], ...: 'B': [0.9, 1.5, 4.2], ...: 'C': [1.0, 1.4, 3.8]}) In [11]: df Out[11]: A B C 0 1.0 0.9 1.0 1 1.2 1.5 1.4 2 4.1 4.2 3.8 In [12]: last_index = df.index[-1] In [13]: df…

firebase serveでのエラーと解決策

エラー > firebase serve === Serving from '/sample'... Error: An unexpected error has occurred. 解決策 sudoをつければ良い > sudo firebase serve

pandasのto_csvのindex

pandasのデータをcsv形式にして保存するときに、 indexを含めないようにする方法。 以下のように、 index引数をFalseにすれば良い。 df.to_csv("test.csv", index=False)

pandasで最後の行を取り出す

tailメソッドを用いる。 引数に先頭から何番目の要素を取り出すかを指定する df.tail(1)

pandasで最初の行を取り出す

headメソッドを用いれば良い。 引数に先頭から何番目の要素かを指定 df.head(1)

firebaseでデプロイする際のエラーと対処

エラー === Deploying to 'test'... i deploying functions, hosting i functions: ensuring necessary APIs are enabled... ✔ functions: all necessary APIs are enabled i functions: preparing functions directory for uploading... Error: Error parsi…

pandasでデータを逆順に

pandasのデータを単純に逆順にする方法 df.iloc[::-1]

ipythonの初期読み込みファイル

ipythonを起動したら自動的に読み込んでくれるファイルの場所は ~/.ipython/profile_default/startup/00-test.pyといった形で書く。 辞書順に読み込むため、番号で管理するとわかりやすい 例えば、test.py import sys, os import readline import json impor…

vueのインストール

npm install -g @vue/cli npm install -g @vue/cli-init

nvmのインストール

公式のgithubのドキュメントを参考に https://github.com/creationix/nvm#install-script mkdir ~/.nvm curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.34.0/install.sh | bash .bashrc等に以下のように記述 export NVM_DIR="${XDG_CONFIG_H…

ubuntu18.04で画面録画

スライドを動画にしたい時に使える画面録画. SimpleScreenRecorderが使える. インストール方法は簡単で, sudo apt install simplescreenrecorder 後はアプリ一覧からSimpleScreenRecorderを検索すれば良い.

シグマの下添字をシグマの真下に書きたい時

tex

結論から言うと\displaystyleを使えばできるようです. 例 $$ \begin{eqnarray} y = {\displaystyle \sum_{x \in X }}x \end{eqnarray} $$ $$ \begin{eqnarray} y = {\displaystyle \sum\_{x \in X }}x \end{eqnarray} $$